• サービス
  • ソリューション
  • スタッフ
  • 導入事例
  • 会社情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ

P2Dソリューションによるシステム例

次世代エントリシステム

導入の必要性

多様化する入力原票への対応、入力コスト削減、データ作成までの時間短縮など、エントリシステムに高機能、高効率が要求されています。次世代のエントリシステムでは、入力原票に最適な入力方法を選択でき、効率良くデータ作成を行うことが求められています。

導入効果

多種の入力方法をサポートします。
原票からの入力
原票イメージからの入力
OCRによる入力
帳票認識とICRによる入力
音声からの入力
入力処理のワークフロー制御
イメージを使用することで、原票を移動させること無く遠隔地での入力が可能となります。
帳票認識を利用することで、事前の帳票分類が不要となります。
コンピュータによる認識が可能な文字はOCR、ICRを使用して認識を行うことで入力効率が向上します。
音声で入力することでキーボードになれていないオペレータでも高速に入力することが可能です。
イメージ採取、帳票認識、ICR認識、リジェクトエントリといった一連の処理のワークフローを制御し、処理を効率化します。

システム概要図

お問い合わせ

お問い合わせ

旧テクノトッパンフォームズお問い合わせ

旧テクノトッパンフォームズお問い合わせ