J-SCube

導入事例

広い分野におけるジェイエスキューブの導入事例をご紹介します。

帳票仕分けを自動化
IntelliScan RAPTOR

お客さま

某コンビニ収納の消込業務代行会社さま

課題

1 帳票の仕分けに膨大な時間と手間がかかっている
2 納付書の保管にかかる倉庫代と維持費が負担となっている
3 倉庫に保管した原票の照会に時間と手間がかかっている

解決したソリューション

IntelliScan RAPTOR(オプション:2Dバーコードリーダー)
操作性の高いスキャニング機構や多彩なオプション機能による拡張性で、あらゆる業務に対応する
ポケット仕分け業務に特化した中型OCRスキャナー

> 製品情報はこちら

解決

✓ 仕分け作業を自動化したことで、消し込み業務にかかっていた人員・コストを削減
✓ 負荷なく細かい仕分けができるため、より適切な保管・管理・運用で倉庫の縮小化を実現
✓ 帳票のデータ化によるイメージ確認が可能となり、原票確認時間の短縮と手間を軽減

選んだ理由

✓ 高速での読み込みが難しいとされる納付書専用のバーコード(GS1-128)を安定して処理できる
✓ 大量処理向けの機器でありながらコンパクトなため、作業場の縮小化もできる