J-SCube

製品情報

取り扱い商品のご紹介です。
これらを組み合わせて、お客様のニーズにフィットした最適なソリューションをご提案します。

一体型・本人確認書類裏書印字システム

PASiD Cube

EXC3200

一体型・本人確認書類裏書印字システム PASiD Cube(パシッド キューブ)

本人確認書類の裏書業務を効率化
一台で「ICリーダー」「スキャナー」「プリンター」の3つの機能を持ち、本人確認書類の真贋判定から裏書印字、記録の作成までをワンストップで行えるため、窓口業務の効率化を実現します。

【新機能】
・最大1200dpiまで印字解像度を変更可能。
・カード挿入から排出までにかかる時間を短縮(※1)。
・インクリボンが取り出せないよう、上蓋にシリンダー錠を標準搭載。
・取消線機能を新搭載。
※1: PASiD Ⅱ 比較

【主な機能】
・カードを挿入するだけで券種を自動認識する券種自動識別機能。
・誤印字も防げる、挿入方向ミス検知機能。
・印字位置合わせを省力化する、裏書き記載欄の記入済み行自動認識機能。
・ICチップデータを簡単読出し。照合番号を自動で入力する照合番号入力補助機能。
・マイナンバーカード、住民基本台帳カードのICチップデータ裏書印字機能。
・同一住所の裏書に便利な連続印刷機能。
・厳格な本人確認を実現する、真贋判定機能。(判定結果は記録票などの帳票へ出力可能。)
・記録票など、自由に作成できる帳票の印刷機能。
・その他にも便利な入力補助機能を多数搭載。

【対応カード】
マイナンバーカード・住民基本台帳カード
在留カード・特別永住者証明書
運転免許証(※2)・運転経歴証明書(※2)
※2: スキャン、真贋判定のみ

▶︎製品紹介動画はこちら

機種

一体型・本人確認書類裏書印字システム

PASiD Cube

機械サイズ

W165×D390×H210mm

スキャン時、背面からカードが約50mm飛び出します。

重量

約4.8kg

電源

AC100V 50/60Hz 36W

対応OS

Windows 8.1 / 10 (32bit / 64bit)

PASiD Ⅱ

EXC3000S

一体型・本人確認書類裏書印字システム PASiD Ⅱ(パシッド・ツー)

 

本人確認書類の裏書業務を効率化
一台で「ICリーダー」「スキャナー」「プリンター」の3つの機能を持ち、本人確認書類の読取りと真贋判定から裏書印字までをワンストップで行えるため、窓口業務の効率化を実現します。

【特長】
・券種の自動識別機能・真贋判定機能・挿入方向ミス検知機能。
・裏面記載欄の罫線や記入済み行の自動認識機能。
・同一住所の裏書に便利な連続印刷機能。
・記録票など、自由に作成できる帳票への印刷機能。
・その他にも便利な入力補助機能を多数搭載。

【対応カード】
>マイナンバーカード・通知カード・住民基本台帳カード
>在留カード・特別永住者証明書
>運転免許証(※2)・運転経歴証明書(※2)
※2: スキャン、真贋判定のみ

機種

一体型・本人確認書類裏書印字システム

PASiD II

機械サイズ

w172×d472×h190mm

重量

約5kg

電源

AC100V 50/60Hz 1.5A

対応OS

Windows 7 / 8.1 / 10 (32bit / 64bit)