• ソリューション
  • 導入事例
  • 会社情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
HOME / 導入事例一覧 / 大手生保 総合イメージ入出力センター

大手生保 総合イメージ入出力センター

生命保険業務は、保険契約申込書や契約者の健康状態を申告する告知書/報状、各種請求書や名義変更・住所変更などの諸届け書類から契約者単位のデータを入力すると同時に、原票を的確に管理する必要があります。ジェイ エスキューブは、ドキュメントイメージングソリューションと最適なスタッフサービスにより、大手生命保険事務センターにおける帳票管理業務を支援しています。

導入目的

各保険営業所や契約者様から送付される保険契約申込書、告知書/報状、各種請求書や諸届け書類など、多種に渡る書類の分類・仕分けとデータ入力作業は、事務センターの効率化を実現する上で業務改革の大きなテーマでした。また、イメージデータによる原票管理・検索システムを活用するための各種書類のイメージ化とデータ入力は人手の掛かる作業として改善を行う必要がありました。

そこで、保険契約関連書類イメージ入力業務の改革を目指し、ジェイ エスキューブのドキュメントイメージングとスタッフサービスを活用した総合イメージ入出力センターが構築されました。

導入効果

各営業所、契約者様から送付された各種書類は事務センター到着後、内容を確認して書類ごとに仕分け分類を行い、スキャニング処理のためのバッチ(処理の単位となる束)が作成されます。 全ての書類は総合イメージ入出力センターに集められ、個人情報の取り扱いに精通した専任スタッフにより内容確認・仕分け作業が行われますので、複数のセンター運用に比べ高いセキュリティが確保できます。

各書類の特性や分類方法などの運用教育、データ入力の品質管理など、従来の社内処理に比べ、業務に特化したスタッフによる一括外注化で、総合的な運用コストの削減が実現でき、安定した生産性と管理が可能となりました。

生命保険契約は2月と11月に契約件数が大幅に増加します。このため、平常月とピーク月の作業要員も事務量に合わせたスタッフ体制が求められます。ジェイ エスキューブのスタッフサービスは、平常月に合わせた最適人員の提供とピーク時に臨時スタッフをアサインするなど、業務量に応じて柔軟に対応できますので、生命保険会社が作業要員の手配を心配することがなく、安定した業務処理が可能になりました。

総合イメージ入出力センターの運用スタッフは生命保険関連書類の取り扱いと個人情報保護に精通した長期契約スタッフが中心です。このため、様々な状況に対応できる柔軟性とミスの無い運用が可能となり、お客様満足度の高い業務運用が行えます。

システムの概要

システムの概要の図

お問い合わせ

お問い合わせ

旧テクノトッパンフォームズお問い合わせ

旧テクノトッパンフォームズお問い合わせ