• ソリューション
  • 導入事例
  • 会社情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
HOME / 導入事例一覧 / 大手コンビニ 公共料金納付書精算センター

大手コンビニ 公共料金納付書精算センター

携帯電話料金やネットショッピングの支払いなど、コンビニで受け付けられる各種料金の納付書は、大手コンビ二チェーンでは年間1千万枚を超えています。各コンビニ店から集められた数百種類の大量な納付書を一括して読取り処理を行い、納付書と収納金額を確認し、支払い確定データとしてメインフレームにデータを渡すための精算処理をアウトソーシングしています。

導入目的

各コンビ二店から集められる大量で多岐に渡る納付書の精算処理は、作業スタッフ、データ入力オペレータとも多くの要員が必要で煩雑な処理でした。また、収納金額の確定作業は銀行における事務集中業務と同様の精度が必要でした。このため、大手コンビニチェーンでは、納付書の精算処理を行うべく、ドキュメント処理に精通したスタッフの導入と数百種類におよぶ納付書の自動識別による処理の効率化と高いデータ精度、アウトソーシングによるトータルコストの削減を目的として、インハウス型の公共料金納付書精算センター構築・運用を当社ソリューションとスタッフサービスで実現しました。

導入効果

高速リーダーソータの採用と数百種類におよぶ納付書データの自動識別機能により、大量高速処理と伝票分類が可能となり、効率的な集中処理が実現しました。

伝票の受け取り、前作業から高性能OCRによる各種帳票の混在処理、分類処理など、業務プロセス全体の処理時間が短縮され、高い生産性が得られます。

ドキュメント処理に精通したジェイ エスキューブの高度な運用ノウハウで業務改善が図れます。

当社の運用ノウハウや経験を活用いただくことで質の高いサービスをご提供するとともに、作業スタッフや入力オペレータなどの雇用リスクを回避し、常に柔軟な人員配置が可能となります。

システムの概要

システムの概要の図

お問い合わせ

お問い合わせ

旧テクノトッパンフォームズお問い合わせ

旧テクノトッパンフォームズお問い合わせ