J-SCube

Task

課題から探す

電子配信

電子配信

TOM4500

累計出荷9000台越えのTOM-OCRシリーズのコンパクトモデル

コンパクトモデルの最新機が登場!基本性能向上に加え、これまでオプション提供だった「高速送り機構」を標準装備し、読取り速度を向上させました。

【従来機からの主な強化ポイント】  
・A4横 手書き数字300文字読取速度
   約60枚/分 → 約85枚/分
・A4横 カラー画像(200/300dpi)
  片面 約60面/分 → 約85面/分
  両面 約120面/分  →  約170面/分

また、ハイエンドモデルのTOM9000ex同様、高精度のイメージ採取や領収印読取り(オプション)など、お客様の使いやすさを追求した様々な機能を備えています。
※詳細についてはカタログをご覧ください。

【オプション】

・裏面ナンバリング機構
 ※2スタッカモデルのみ
給与支払報告書OCRシステム
領収印読取り機能

 

機種 1スタッカモデル
タイプ 片面
読取速度
最高速度 約120枚/分(長さ74mm帳票 活字数字10文字)
A4横 手書き数字300文字 約85枚/分
A4横 カラー画像 片面 約85面/分
イメージ画像の同時採取 表1種類
用紙サイズ W52×L74mm~W305×L420mm
本体サイズ(ホッパ・スタッカ使用時) 約410×553×351mm
質量 約18.5Kg
消費電力 約75W以下

 

機種 1スタッカモデル
タイプ 両面
読取速度
最高速度 約120枚/分(長さ74mm帳票 活字数字10文字)
A4横 手書き数字300文字 約85枚/分
A4横 カラー画像 片面 約85面/分、両面 約170面/分
イメージ画像の同時採取 表裏各1種類
用紙サイズ W52×L74mm~W305×L420mm
本体サイズ(ホッパ・スタッカ使用時) 約410×553×351mm
質量 約18.5Kg
消費電力 約75W以下

 

イメージ画像の同時採取表1種類

機種 2スタッカモデル
タイプ 片面
読取速度
最高速度 約120枚/分(長さ74mm帳票 活字数字10文字)
A4横 手書き数字300文字 約85枚/分
A4横 カラー画像 片面 約85面/分
用紙サイズ W52×L74mm~W305×L420mm
本体サイズ(ホッパ・スタッカ使用時) 約410×553×420mm
質量 約21Kg
消費電力 約95W以下

 

機種 2スタッカモデル
タイプ 両面
読取速度
最高速度 約120枚/分(長さ74mm帳票 活字数字10文字)
A4横 手書き数字300文字 約85枚/分
A4横 カラー画像 片面 約85面/分、両面 約170面/分
イメージ画像の同時採取 表裏各1種類
用紙サイズ W52×L74mm~W305×L420mm
本体サイズ(ホッパ・スタッカ使用時) 約410×553×420mm
質量 約21Kg
消費電力 約95W以下

TOM9000ex

累計出荷9000台超(※2019年10月現在)のTOM-OCRシリーズ最新ハイエンドモデル

卓上型モデルにて高速処理を実現しつつ、高精細イメージ(最高解像度600dpi)採取が可能。また、3種の異なるイメージ(カラー・モノクロ・OCR画像)を同時採取することができます。手書き文字認識率は、従来パッケージより大幅に向上し、領収印読取り(オプション)においては95%以上の正読率を実現しました。

【オプション】
・重送防止超音波(5箇所)検出機能
 ※標準装備は1箇所
・裏面ナンバリング機構
 ※標準装備は表面ナンバリング
給与支払報告書OCRシステム
領収印読取り機能

タイプ 片面
読取最高速度 約380枚/分
イメージ画像の同時採取 表1種類
用紙サイズ 52×74mm~305×458mm

本体サイズ

(ホッパ・スタッカ使用時)

約485×715×407mm
質量 約43Kg
消費電力 約235W以下

 

タイプ 両面
読取最高速度 約380枚/分
イメージ画像の同時採取 表裏各1種類
用紙サイズ 52×74mm~305×458mm

本体サイズ

(ホッパ・スタッカ使用時)

約485×715×407mm
質量 約43Kg
消費電力 約235W以下

Intelliscan XDS

IntelliScan XDSは高速大量処理向けドキュメントリーダ/ソータのトップ企業、米国Exela Technologies, Inc.の高速・高性能イメージスキャナです。同社のイメージング技術と帳票搬送技術を結集した最新鋭のオープントラックスキャナです。

 

・驚異の世界最高速650枚/分を実現。(XDS超高速度モデル)

・高解像度400/600dpiイメージ採取が可能。(XDS高解像度モデル)

 

【オプション】

・IJP(インクジェットプリンター)

・ステルスバーコード

・マルチポケット・ユニバーサルポケット

・マルチフォント、手書き読取り

 

機種

Intelliscan XDS

最高処理速度

A4帳票330~650(200dpi)

※モデルにより異なります。

帳票サイズ

最小:67.3×76.2mm

最大:304.8×762.0mm

※オプションにより

ホッパ容量

1000枚(70㎏帳票)

両面イメージ採取

ドロップアウト:赤、緑、16色マルチカラー

 

解像度:200/300/400/600dpi

※モデルによって異なります

 

出力:白黒・グレースケール・カラーイメージ

(同時出力可能)

 

出力形式:

・白黒:TIFF

・グレースケール(8ビット)、カラー(24ビット):JPEG/JPEG20000

・オプションによりPDF

Option Module

様々な帳票処理のご要望にお応えするXDSオプション

 

・不可視インクでステルスバーコードを印字し、どのような非OCR帳票でも原票自動仕分けを実現。

・マルチポケットの許容最大帳票サイズをA3まで拡張。

・3ヶ所超音波センサにより、さらに確実で、多様な二枚送り検知が可能。

Falconシリーズ

スキャンの前作業を1台に集約し効率化することで、トータル作業工数50%削減が可能に

 

Falconシリーズはスキャン前の開封、取出し、バッチ作成などの作業を大幅に削減する事をコンセプトに作られました。一連の業務処理が一人のオペレータによる作業で完結するため、個人情報や機密情報などの取扱いにおいて書類紛失や情報漏洩のリスクを軽減することができます。金融機関での郵送による各種申込書の処理や支払請求業務、自治体の各種郵送受付業務など、開封からスキャンまでの作業効率を大幅に向上させ、業務全般の効率改善に貢献します。

特長

POINT 1
置くだけでスキャナへ即搬送

Falconシリーズ最大の特長である帳票搬送コンベアは、スキャンの前工程である「帳票の向きを揃える」作業や「バッチ作成」「バッチヘッダー取付け」といった作業を不要にし、帳票を封筒やファイルから取出してすぐスキャン工程に取り掛かることができます。

POINT 2
安全かつ確実な開封機能

ミリングカット技術(回転式カッター)により封筒辺を細かく刻んで開封するため、内容物への破損リスクを最小限に抑えます。また、カッターやはさみの切り口に比べ鋭くないため、封筒の切り口で怪我をしてしまうリスクを軽減します。大きさや厚さの異なる様々な封筒に対応しています。

POINT 3
様々なスキャン業務のトータル作業工数を削減

お客様の運用に合わせ、スキャナのみ(開封機無し)のタイプや可動式タイプなどのラインナップを揃えております。いずれも1台の機器に対し1人のオペレーターで運用することができます。

ラインナップ

■Falcon V RED / FalconⅤ 
600dpiの高解像度カメラ、7個の2枚送り検知用超音波センサを搭載したFalconシリーズの上位モデルです。5つの帳票収納トレイにより、多種多様の帳票をスキャンして仕分ける業務に適しています。

 

 

■Falcon

開封作業を必要としないスキャン作業において、様々なサイズが混在してバッチ組みに時間がかかる帳票や、スキャンする帳票束が細かくスキャン前作業が煩雑で時間がかかるものを効率的に電子化します。

■Falcon Transportable

商用ワゴン車などで持ち運びができる可動式タイプで、約30分でセットアップできます。重要ファイルや機密書類など容易に外に出せない媒体の電子化に適しています。また、機械を解体する必要がないので、作業員の人件費および工数削減につながります。

OPTICAL MARK READER SR-6500

SR-6500

OMRスキャナー
・1時間で5300枚のOMR処理が可能です。
・はがきなどのカード~A4シートまで幅広いサイズの読み取りが可能です。

機器

SR-6500

機械サイズ

W800×D365×H490mm

重量

約36kg

電源

AC100~240V 50/60Hz共用 2A以下

最大消費電力

120W

給与支払報告書OCRシステム

様式変更によるマイナンバー等の追加項目も、OCRで効率的に処理

項目名称による相対的な位置関係から自動検出することで、1つの読取りプログラムで異なるフォーマットの混在読取りを可能にします。

また、原票イメージを参照しながら簡単にデータを修正でき、オペレーターの負荷を最小限に抑えます。

 

●関連製品

 

【OCRスキャナ】

TOM9000ex TOM4500

 

【課税資料イメージ管理システム】

TomasForce

領収印読取り

正読率95%以上

左右90度や180度に回転した逆さまの押印の他、かすれやにじみ、枠と重なったものでも日付の読み取りが可能。

領収印の有無確認や日付による振分けを自動化することで、収納業務の効率化、正確性を向上。

●関連製品

 

【OCRスキャナ】

TOM9000ex TOM4500

 

【課税資料イメージ管理システム】

TomasForce

 

box

米国Fortune500社の69%が利用する、ビジネスユース実績No.1のコンテンツシェア(ファイル共有)とコラボレーションのためのクラウドサービスです。

場所やデバイスを問わず、様々なコンテンツへのセキュアなアクセスと情報の共有・活用を可能にします。

 

 

TomasForce

課税資料をイメージデータ化することで効率的に管理・検索・閲覧するためのシステムです。完成されたパッケージと信頼性の高いスキャナのご提供により、自治体様の業務効率化、住民サービス向上を実現。これまでに全国170を超える団体に導入。(2021年1月現在)

オプション

・個人住民税以外で発生する資料のイメージ管理。

 (軽自動車税・法人市民税・口座振替関連など)

・マスキング機能。

・団体間転送処理。

スキャナラインナップ

Clicky

ジェイエスキューブオリジナルBox連携ソリューション「ClickyMates」。

ECMとして利用するために必要となる、専用のアプリケーションを開発。Boxを最大限にご活用いただけるよう、様々なラインアップをご用意しました。

 

クライアントPCのセキュリティ強化/利便性の向上。Boxを利用してVDI的な環境を実現。(VDI:仮想デスクトップ基盤)
オリジナルデータの一元管理を実現。1つの画像、PDFから必要なサイズ、解像度、ファイル形式で変換出力が可能。
大容量データや機密ファイルを安心安全に送受信可能。
メタデータでコンテンツ管理・検索性の改善。
メタデータやタグの情報を出力し、更新メンテナンス作業を実現。
検索タグでコンテンツ管理・検索性の改善。